アトピスマイルは何歳から使えるの?

—-アトピスマイルとは—-

お肌の乾燥によるかゆみ、顔が真っ赤になる、アトピーだ。

このような症状に保湿ケアを発揮できます。

もちろん大人の方でも使えますが、やはり小さなお子さんの乾燥肌に使われることも多いようです。

お子さんのアトピー、乾燥肌など、病院で処方されたクスリが合わなかった、なんて事はありませんか?

アトピスマイルなら、きっと安心、安全にお使いになれると思いますよ?

—-アトピスマイルに使われている成分は安心?—-

アトピスマイルに使われている主な成分は私たちがふだん食べているお米です。

お米のアレルギーか分からない場合は一度パッチテストをすると良いでしょう。

さらに、リニューアル前に配合されていたカゼインが入っていません。

カゼインは乳製品に含まれるアレルギー引き起こしますが、そちらの心配はないでしょう。

そして、アトピーの副作用があると知られるステロイドも入っていないので安心安全です。

—-小さな子どもの敏感なお肌—-

子供の肌の特徴ですが、私たちの身体の皮膚には、外部からの刺激を守る「バリア機能」というものがあります。

皮膚の外側にあり外部と触れ合っている角質層が「バリア機能」の重要な役割をしています。

また、角質層の表面は皮膚を乾燥から守る皮脂で守られています。

ですが、子供の皮膚は時期によって皮脂の分泌が異なってきます。

そして乳児期の生後4週間から1年までは皮脂の分泌量が減ってきます。

幼児期、1年から6年までが皮脂の分泌量が生涯でもっとも少なくなるじきです。

この間にアトピー性皮膚炎を発症することが多いのではないでしょうか?

なので基本的に乳児期の、生後4週間からの皮脂が少なくなってくる時期にアトピスマイルはお使いになれると思います。

生後から4週間の乳児期は母体から受け取った物質の働きで一時的ではありますが、皮脂の分泌が増えているのであまり心配はいらないでしょう。

—-アトピスマイルのおススメ—-

いかがですか?アトピスマイル。

生後4週間から肌が極端に敏感になってくる赤ちゃんやお子さんに使ってみてはいかがでしょうか?

もちろん、赤ちゃんやお子さんだけじゃなく、大人の方も使っている方も多いです。

どんな世代でも乾燥肌やアトピーの方で悩む方に大好評を頂いているのがアトピスマイル クリームです。
アトピスマイルに副作用はある?安全安心な使い方を教えて!
あなたは肌の悩みありませんか?

あなたの赤ちゃん、お子さんは肌荒れに苦しんではいませんか?

アトピスマイル、おススメですよ!

公式サイト↓


u