ベビー乳酸菌は子供が飲んでも大丈夫?

ベビー乳酸菌は結論から言うと、子供にも安心して飲ませられる基準になって作られています。

添加物を一切使用せず、アレルギー体質の方でも飲めるように調合されています。

家族全員で飲めるサプリメントとなっています。

ですが、カプセル状のものなので、子供でも自分で水で飲み込めるようになってからにしましょう。

喉につかえてしまっては危険です。

ベビー乳酸菌は、原料の入庫から製造、出荷までの全て工程において、安全に作られ、一定に品質が保たれるように定められたGMPというシステムを認定されています。

また、日本国内の工場で製造されており、製造された全ロットサンプルの5年間、製造記録の5年以上の保管をしているのです。

毎日体に入れるものなので安全に作られています。

ベビー乳酸菌の特徴は、様々な研究を経て商品化された、ヒト由来のクリスパタス菌が配合されています。

動物性や植物性はありますがヒト由来での培養に成功したのです。

クリスパタス菌は出生時、母親の産道から受け継がれる健康維持に深い関わりのある菌なのです。
また、ヨーグルトから摂れる乳酸菌に比べると免疫力が圧倒的に高いのです。

しかも熱に強いので180度で15分加熱しても活性を維持できるのです。

一般的な乳酸菌は体温に弱いので維持ができません。

クリスパタス菌は小麦、乳、大豆アレルギー物質で含んでいない素材で培養されているので、乳製品のアレルギーがある方でも安心して摂取できます。

ビフィズス菌、食物繊維、オリゴ糖も配合されているので、善玉菌が活躍できる腸に整えてくれます。

子供に乳酸菌を飲ませたい理由の1つは便秘がありますよね。

子供の便秘の多くは排便する力が弱い事です。

何かに夢中になり排便を我慢してしまったりすると便が硬くなり、排便が辛くなり、また我慢すると、ますます硬くなり、出す事に恐怖心が出てきてしまのです。

ですから、我慢しない為にも朝に排便する習慣をつけたり、早寝をし睡眠をしっかりと取ること。
朝起きたらコップ1杯の水を飲み、朝食をきちんと摂る事です。

海藻や納豆などの水溶性食物繊維を摂り、キャベツやバナナを食べると便秘解消にもなります。

生活習慣を整える事で改善されますので朝に余裕を持つ事も大事です。

子供のうちからサプリメントに頼ってしまうと飲まないと排便できないと思い込んでしまう可能性もあるのでできれば自然に任せるようにしましょう。
ベビー乳酸菌の口コミ効果!他との違いは?

子供でもストレスがかかったりもしますから排便出来ない事にあまり口を出さないようにしたりする事も大事です。

毎日様子を見てみましょう。

なお、食事で便秘ケアできないときは、ベビー乳酸菌を小学生くらいの子供に飲ませるのもいいですね。

その時は、大人の半分の量から様子をみるといいです。

高校生くらいなら大人と同じ量でいいと思います。

公式サイト↓
ベビー乳酸菌 春が好き

us