ハイサラシア タブレットは子供が飲んでも大丈夫?

近年、日本人の食生活が欧米化されたことにより、肥満気味の子供が増えてきました。

もともと日本人は世界的に見ても、肥満児が多い国ではありませんが、やはり食生活が変化していくことにより徐々に体系の変化はもちろん、コレステロール値や血糖値にも変化が出てきているようです。

よく中年太りなんて耳にしますが、確かに年齢を重ねていくと太りやすく痩せにくい傾向になってしまうため、どうしても若い頃と比較すると体重が増加している方が増えてしまいます。

しかし、子供でありながら体重がとても多かったり、さらに血液検査の数値に異常がある場合には根本的な生活習慣の見直しと食生活の改善が必要だと言えるでしょう。

それでもやはり、子供は大人のように理性が働かないため過度の我慢はできません。

食事量を改善することができても、おやつがどうしても止められないといったお子さんは多いのではないでしょうか。

そこで今話題になっている糖サポートアイテム「ハイサラシア タブレット」は、子供でも飲むことができるのでしょうか。

ハイサラシア タブレットの公式サイトを確認してみたところ、子供が飲めるかどうかについて記載されていなかったため、コールセンターに電話して確認してみることにしました。

すると、医薬品ではなく健康補助食品となっているため、特に年齢制限などはなく、よほど小さな子供でない限りは飲むことができるといった回答をもらうことができました。

ただし、大人ではなく15歳未満の子供がハイサラシア タブレットを飲む際には注意点があります。

ハイサラシア タブレットは、1日の目安量が9粒となっており、食事のボリュームに合わせながらタブレットを飲むように作られています。

しかし、この1日9粒という目安は大人の基準となっているため、子供がハイサラシア タブレットを飲む際にはこの量を調節してあげる必要があります

例えば、1度の食事で2粒ずつなど、成長期に必要な栄養素を損なわない程度に取り入れていくことが大切です。

また、子供がハイサラシア タブレットを取り入れる際には体に変化がないかをしっかりと保護者の方がチェックするようにしてください。

万が一何らかの変化が現れた場合には量を減らしていくか、飲むのを中止して様子を見るようにしてください。

基本的にハイサラシアに含まれているサラシアは、東南アジアにかけて広く分布する植物となっていて、古くから健康のためにその幹や根を煎じてお茶として飲まれてきました。

サラシアの大きな特徴は、糖の吸収をブロックし、食後の血糖コントロールを行いながら、善玉菌を増やし体内環境を整えてくれると言われています。

そのため、もともと体に害をもたらすようなものではないので、お子さんの体の健康を損なうような事はなく取り入れることができますが、子供向けに開発された商品ではないため、その点だけをしっかりと理解した上で購入することをお勧めします。

ハイサラシア タブレットの口コミ評価!他の糖対策サプリとの違いは?

us