小学5年生女子で小さく食が細い!身長を伸ばすコツは?

あのモデルさんみたいに身長を伸ばしたい!と思ったことは女の子なら誰でもあるはず。

身長を伸ばすにはたくさん食べて栄養をとらなきゃ。
でも、食べたら太って元も子もないんじゃないの…泣

格闘技をやっていたり、よっぽどガリガリな体型でない限り、細くてすらっとした体のまま身長を伸ばしたいですよね。

今回はそんな悩みを解決する方法を考えていきます。

ー身長を伸ばすにはー

まずは身長が伸びる仕組みについてです。

そもそも身長ってどうやって伸ばすの?
たくさん食べればいいんじゃないの?

と思っている人は少なくありません。

「たくさん食べないと大きくなれないよ」
「牛乳飲まないとちっちゃいままだよ」
というようなことを子供の頃、大人から一度は言われた経験はありませんか?

確かに栄養やカルシウムは身長を伸ばすためには必要ですが、
その言葉を鵜呑みにして、ただひたすらたくさん食べて牛乳を飲んでいるだけでは身長は伸びません。

身長を伸ばして良いスタイルを手に入れるどころか、太る一方でかえって理想の体型から遠ざかってしまうことも…。

身長を伸ばすのに必要なことは栄養だけでないことは言うまでもありませんが、
具体的に何が必要なのかしっかり把握している方は大人でも多くないでしょう。

そこで身長を伸ばすのに必要なことを紹介していきます。

栄養の他に大切なことは主に睡眠、運動です。
これは成長ホルモンが大きく関係しています。

成長ホルモンが多く分泌されるのは小学校高学年から高校にかけての時期ですが、男女によって差があり普通は女の子の方が早く始まります。

この時期に夜更かしをすると、成長ホルモンがしっかり分泌されず、身長を伸ばす機会を逃してしまうのです。

22時から深夜2時にかけてが成長ホルモン分泌の時間帯と言われているので、22時までに寝ることを心がけましょう。

また、運動は成長ホルモンの分泌を促すので、適度な運動をすることも効果的です。

ー遺伝で仕方のないこともー

食事・睡眠・運動のどれをとっても問題なし。
だけど、身長が伸びない。
なんで!?

中にはそんな方もいると思います。

しかし、身体的な特徴は遺伝的にある程度決められており、どんなに努力しても身長が伸びにくいといったことが少なくありません。

ただ遺伝の身長への影響は、25%くらいです。

なので、残りの75%は、ほかの要因で身長が伸びると言われています。

それでも伸びにくいと思ったら、気持ちを切り替えるといいです。

精神衛生面の上でも、諦めてほかで解決法を考えましょう。

いかがでしたか?
身長を伸ばすことは、栄養、運動、睡眠などをしっかりすれば、それなりに伸びます。

しかし、できる限りの努力をしてそれでもダメな場合は気持ちの持ち方を変えることも必要です。

くれぐれも身長を伸ばすことに取り憑かれてしまわないように気をつけてください。

◆それでも最大限の努力はしたいと思う方は、フィジカルbを飲んでみてください。

普通の成長飲料と違ってスピルリナをメインで含みます。

栄養バランスもよく成長の手助けになる!と口コミでも人気です。
フィジカルBを飲むと何歳まで背が伸びることは可能?

詳しくは→フィジカルB公式サイト

us