金時しょうが粒は冷え性の子供が飲んでも大丈夫?

子供は風の子。

かつてはそんな風に言われ、子供イコール寒さに強いというイメージがありました。

しかし、昨今子供でも冷え症に悩む子が少なくないといいます。

そこで今回は、「金時しょうが粒」が子供の冷え症対策に飲んでも大丈夫なのかを検証してみたいと思います。

そもそも、子供の冷え症が増えてしまったのにはどのような原因が隠されているのでしょうか。

まず一つに生活リズムの変化です。

かつては学校が終わると友達と外で遊び、夕方には帰宅してご飯を食べてお風呂に入って寝る。

そんな生活リズムでした。

しかし、現代では通学に時間がかかる子や塾などの習い事で帰宅の遅い子、スマホやゲームに熱中して就寝時間が遅い子、親の帰宅が遅いことで寝ることが遅くなってしまっている子など、睡眠不足や、食事時間の変化があります。

十分な睡眠が得られないと、子供であっても自律神経が乱れ、成長に影響が出たり、冷え症を招くことにつながります。

子供の冷えを放っておくと、免疫力が弱まり風邪や病気になりやすくなるばかりか、集中力の低下、イライラしたりキレやすい子供になってしまう可能性もあります。

なんとか子供を冷えから救ってあげられるようにしたいものです。

そこで、冷えに効果的なことで知られているしょうがを活用することをお勧めします。

しょうがにはジンゲオールというしょうがにのみ含まれている体を温める成分が含まれていおり、血行を改善して体をぽかぽかとしてくれます。

しかし、毎日の献立にしょうがを取り入れるのは親も大変ですし、お子さんも味に飽きてしまったり、子供にとってはスパイシーなので、苦手かもしれません。

そこでお勧めしたいのが、「金時しょうが粒」です。

金時しょうがは通常のしょうがの約2倍のぽかぽか成分を配合しているほか、コショウの仲間であるヒハツ、青蜜柑に含まれるヘスペリジンという体を温めてくれる成分が2つも入っているのです。

さらに、保湿や皮膚の再生、修復にも欠かせないヒアルロン酸も含んでいます。

サプリメントなので、副作用もほとんと心配することなく、お子さんでも安心して摂取できます。
金時しょうが粒の口コミ効果!冷えケアは本当?

金時しょうが粒に含まれているしょうがは5年に1度しか収穫ができない畑で、無農薬、化学肥料の不使用にこだわった畑ですので、安全な環境であることもわかります。

子供にとって発育や性格形成にも影響を及ぼしうる体の冷え。

親御さんであるあなたが真剣に向き合ってあげましょう。

朝飲むことでお腹がスッキリになったという子供さんもいるみたいです。

適量は大人で1日1粒か2粒までです。

なので、子供に飲ませるときは、体も小さいので少なめの1粒にしてください。
強すぎるようなら、半分に割るか、それでも多いときは、1日おきなど工夫してみてください。

しょうが料理を食べさせた日は、飲ませないなど、とりすぎにも注意してくださいね。

親子で飲んでポカポカ生活を送ってください。

公式サイト↓


us