親がアトピー性皮膚炎だと子供もアトピーになりやすいの?

そもそもアトピー性皮膚炎のことをどこまでご存知ですか?

まずは正しいアトピー性皮膚炎のことと、それを予防改善する方法をまずは解いていきたいと思います。

この記事を読めばきっと正しい知識と改善方法が身に着くはずですよ!

—-そもそもアトピー性皮膚炎とは?—-

そもそもアトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみを供なった湿疹のことを言います。

いわゆる皮膚の病気の一つです。

アトピー性皮膚炎とは元々アレルギーを起こしやすい人や皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられる炎症を伴う病気です。

主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で良くなったり悪くなったりを繰り返します。

なかなか治らないことも多いです。

湿疹の特徴として、

・赤みがある。

・じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる。

・長引くとごわごわと硬くなって盛り上がった皮膚になる。

どうですか?あなたも子供の頃に経験があるのではないでしょうか?

—-皮膚バリアの機能とは?—-

皮膚は表面の皮脂膜や角質細胞で外の刺激などから肌を守ります。

これが「皮膚バリア機能」です。

皮膚バリア機能は外からの物質の侵入や水分の蒸発による肌の乾燥を防いでくれます。

アトピー性皮膚炎では、これらの「皮膚バリア機能」が低下してしまっているため、元々の体質もありますが、外からの異物が容易に角質層まで入ってきてしまうため起こりやすいのです。

なおかつその他のお肌のトラブルに繋がってしまいがちです。

—-親の遺伝は関係あるの?私の子供は?—-

結論から言うと、遺伝は関係あります。

アトピー体質が子供に遺伝する確率は両親のどちらかがアトピー体質のとき、約30%。

両親ともにアトピー体質の場合は約50%の確率で子供もアトピー性皮膚炎を発症すると考えられているようです。

もともと日本人の約10%にアトピー素因があると言われています。

なので両親、祖父母がアトピーではないにも関わらず、子供が発祥してしまうケースもあります。

アトピー性皮膚炎は複雑に発祥するパターンがあるようです。

—-アトピー性皮膚炎の改善なら「アトピスマイル」がおすすめ—-

先ほど、「皮膚のバリア機能」のお話をしましたが、そのバリア機能を高めてくれる物質が「セラミド」という物質です。

アトピスマイルはその「セラミド」を豊富に生産してくれる作用があります。

さらにベタベタしないケアクリームなので、お子さんに使っても嫌がられません!

ニュース番組「報道ステーション」でアトピスマイルを紹介して以降、人気と話題と評判を呼んでいる商品です!

お子さんがアトピー体質でカサカサ乾燥しているようなら、「アトピスマイル」を試してみてください。

こちらの記事もじっくりどうぞ。
アトピスマイルに副作用はある?安全安心な使い方を教えて!

u