子供のアトピーの原因とかゆみ対策

日本を含む工業先進国では20世紀後半からアレルギー疾患が急増しています。

誤った対処法が横行していた時期もありましたが、最近では研究の進歩で、効果的な治療法も確立しつつあります。

アトピー性皮膚炎もその一つです。

ただ、子供のアトピー性皮膚炎は成長するにしたがって治癒することが多かったのが、成長後も症状に悩まされることも多くなっているようです。

そのためにも大切なのは、早めに正しい治療を行うことです。

【アトピー性皮膚炎の原因】

アトピー性皮膚炎の肌は、通常よりバリア機能が低下しています。

原因の一つは、遺伝子変異です。

バリア機能に重要な役割を果たすフィラグリンという物質の遺伝子に生まれつき異常があると、フィラグリンを十分生成できずバリア機能が低下します。

ただ、このような遺伝子の異常があってもアトピー性皮膚炎にならないこともあるし、また、異常がなくてもアトピー性皮膚炎になることもあり、原因はほかにもあるとされています。

【炎症の要因となるもの】

アトピー性皮膚炎の炎症の要因となるものはほぼ特定できていて、最も大きい要因は、1.家にいるダニやカビ、2.患者の皮膚に住んでいる黄色ブドウ球菌、の二つです。

相対湿度60%という日本の気候は、ダニの繁殖にとって最適な環境なため、日本の家屋にはどうしてもダニが住み着いています。

黄色ブドウ球菌は健康な肌には住めないのですが、アトピー性皮膚炎の皮膚には天然の免疫物質がつくられないため、菌の格好の住みかとなり、高密度で存在します。

この二つ以外の原因としては、食物アレルギー、ホコリ、ペットのフケ、花粉、汗、皮膚に住むマラセチアなどのカビなどがあります。

【正しいかゆみ対策】

基本となるのはスキンケアです。

アトピー性皮膚炎で炎症が起こっている状態だと、いろいろなものに過剰に反応して、何が炎症の原因なのか判断できなくなるからです。

よく泡立てた石鹸で、皮膚を傷つけないように素手で洗います。

しわや関節など、洗いにくい部分も丁寧に洗います。

石鹸をつけることで皮膚が乾燥して炎症を起こしやすい状態になるので、洗ってすぐに処方された薬を塗ります。

これを一日に2回、症状が激しい時は3回行います。

日常生活では皮膚を刺激する化繊の衣服を避けたり、布団や寝間着などをこまめに洗ったりします。

掃除機を頻繁にかけるなど、環境整備が大切です。

食物アレルギーが要因の場合は、その食品を除去した食事を与えます。

【親御さんが医師となって治療します】

アトピー性皮膚炎は、日常生活でのケアや観察がとても重要なため、親御さんが病気の正しい知識を持つ医師のようになって、氾濫する情報にかく乱されないようにするべきです。

適切な治療で皮膚も改善し、バリア障害も治り、本来の強い肌になることができます。

根気よく治療にあたりましょう。

◆子供のアトピー対策にプロポリスが人気です。

中でもプロポリスエキスを豊富に含んで抗菌も期待できてアトピーのかゆみを軽減!と口コミ評価が高く人気なのがアトケアプロです。
アトケアプロの口コミ!アトピー改善効果は本当?
純度100%のオーガニックプロポリス配合なのも日本製なのも安心なのです。

アレルゲンも無添加です。

ただ蜂蜜アレルギーの子供には不向きです。

それ以外の普通の人でしたら、アトピーでかゆくて悩む子供から大人まで安心して飲めるサプリメントがアトケアプロです。

試してみてくださいね。

公式サイト↓
アトケアプロ

ug