好き嫌いが多い子供の便秘解消のコツ!腸内改善するには?

幼児期の子供の排便のリズムはまちまちで、毎日排便する習慣のある大人の便秘ほどは心配ないとされています。

しかし子供は便秘するとおなかが張ってしまって自力で排便できなかったり、固いコロコロした便で排便を痛がり、肛門を切って出血してしまうこともあります。

この時期の便秘対策は、食習慣が最も大切です。

まず、便秘にならない食事をみてみます。

【便秘にならない食習慣】

便秘を防ぐには、食物繊維をとることが必要です。

食物繊維は水分を含んで、便を柔らかくしてくれます。

野菜や果物を食べる習慣をつけましょう。

腸内を整えるヨーグルトなどの乳酸菌も有効です。

ただ、ふつうのヨーグルトの乳酸菌は消化の過程で死んでしまい、腸内まで届かないことも多いのです。

食事の時に最初に食べると胃酸に殺菌されてしまうので、食事の最後に摂るようにします。

また、腸は冷えると働きが低下します。

特に夏は冷たい飲み物などを多く飲んでしまいがちですが、なるべく常温のまま飲むようにして、腸を冷やさないようにしましょう。

【好き嫌いの多い子供の便秘解消】

子供の便秘解消には野菜と果物が推奨されていますが、子供は野菜が嫌いで食べないことも多いです。

そのため、野菜は分からないように小さく刻んで食事に混ぜたりします。

味付けを変えると、苦手な野菜も食べてくれることもあります。

子供はお菓子はいくらでも食べてくれるので、お菓子のような形にするのも良いでしょう。

食後にヨーグルトと果物を混ぜたデザートを食べさせると、胃腸にとても良いです。

果物で食物繊維のあるのは、あんず、キウイフルーツ、いちご、柿などです。

バナナ、ぶどう、メロンなどは腸内で発酵してくれるので、こちらもおススメです。

甘みを増すために、腸内のビフィズス菌を増やすなど健康に良いオリゴ糖をプラスするとより良いでしょう。

オリゴ糖は20種類ほどあり、働きも異なっていますが、腸内環境を整えることでは共通しています。

動物性のものはアレルギーを起こすことがあったり、摂りすぎるとお腹がゆるくなるものもあるので、選ぶときに気を付けましょう。

また、市販のオリゴ糖は、ショ糖(砂糖)や余計な添加物が多く含まれていないかも注意しましょう。

ヨーグルト+果物の食物繊維+オリゴ糖で、最強の腸内改善デザートになります。

【便秘にならない生活習慣】

便秘にならないためには、食習慣とともに生活習慣も大切です。

規則正しい生活をして、睡眠不足や疲れが残らないよう心がけましょう。

腸はストレスの影響を受けやすい器官です。

ストレスを受けると、腸をコントロールする自律神経が乱れ、体が腸に正常な指令を出せなくなり便秘の原因となります。

食習慣の工夫とともに注意したいですね。

◆いろいろ工夫しても、子供の便秘が解消しない!と悩んだら、複数のオリゴ糖を含んで便秘解消に最適!と口コミでも人気のカイテキオリゴを飲むといいです。

子供だけでなく赤ちゃんや妊娠中・授乳中でも、お年寄りでも、安心して飲める100%自然素材のオリゴ糖がカイテキオリゴだからです。
カイテキオリゴで便秘や下痢改善
実は私も、飲んでいますが、便秘だけでなく下痢も解消できて腸内改善にもよくお腹が痛いのも解消したのが良かったです。

ニキビも消えてお肌も元気になりましたし健康に導いてくれた!と感謝しているのがカイテキオリゴです。

子供だけでなく家族で飲んで、毎朝スッキリで腸活です。

カイテキオリゴ公式サイト↓


us