子供の繰り返す下痢や腹痛を改善するコツは?

子供の頃というのは、赤ちゃんの頃も含め、よく下痢をするものです。

その度にお母さんは「大丈夫かな?」と心配されることも、しばしばあると思います。

そんな心配をよそに、ケロッとした表情で普段通りの生活をする場合もあれば、発熱や嘔吐をすることもあるのではないでしょうか?

そんな繊細な子供たちの、腹痛やそれに伴う下痢を改善させるコツをご紹介したいと思います。

腹痛や下痢を改善させるためには、まずは状況を把握しなければなりません。

下痢の具合や、腹の痛み具合はもちろん、顔色や食欲、発熱や気分の善し悪しも、子供の体調を把握する大切なサインです。

例えば激しい嘔吐や発熱がある場合は、ウイルス性の胃腸炎(ロタウイルス・ノロウイルス・インフルエンザ)の疑いがあります。

このような場合は、周りに感染の影響を及ぼすことも考えられます。

また市販の薬などを服用すると、かえって回復を遅らせてしまう原因になる場合もあります。

薬を飲ませる前に、出来るだけ早い段階で、病院で診察を受けられることをおすすめします。

また赤ちゃんを含む小さなお子さんは、食べすぎや飲みすぎ、冷たいものを食べたり飲んだりすると、簡単にお腹を壊してしまいます。

またプールに入った当日や翌日、寝冷えでも腹痛や下痢がおこります。

私が小学校4年生の時のある日、お腹を出して寝ていました。

案の定、次の日にものすごい腹痛と下痢に襲われたことがあります。

あまりの痛さに、ひっそりと泣いていたことを覚えています。(笑)

それ以来、どんなに暑くてもお腹にはタオルケットをかけて寝るように心がけています。

(もちろん今も継続中です。(笑))

このような場合は、腹巻や靴下を履いて寝ることで改善できます。

またストレスを感じて下痢をする子供も少なくはありません。

緊張や環境の変化を、敏感に感じてしまいストレスになってしまいやすいものです。

特に新学期や発表会などが分かりやすい例だと思います。

また家庭内の環境でストレスを感じている場合もあるので、家庭内の配慮も大切です。

そして、そもそもお腹が弱い体質の子供もいます。

それは「過敏性陽症候群」と言われており、便秘になったり下痢になったりと、普段の生活環境やストレスの有無などに関係なく、お腹の不調がおこりやすい体質の人のことをいいます。

このような場合は、とにかくお腹を勞ってあげる生活を基本にしてあげることが大切です。

しっかりとした睡眠と、刺激物を出来るだけ避けたバランスの良い食事、お腹を冷やさないようにするなど、普段から心がけていると、症状の改善に近づきます。

そうでなくても、普段飲まない薬を飲んだり、病み上がりだったり、刺激物の飲食(炭酸類飲み物やカレーライスなど)、外泊などでも、下痢や腹痛を起こすこともあります。

普段の生活で、食事や生活習慣をしっかりコントロールしてあげることが大切ですね。

◆食事や生活習慣に注意しても、なかなか下痢体質が改善しないで下痢が続くときは、黒梅日和(くろうめびより)を飲ませてみてください。

ストレスが原因の過敏性腸症候群の方も、黒梅日和でお腹が回復したという口コミも多いです。

下痢だけでなく腸内改善で下痢体質の根本的な対策にもなる!と評価が高く人気です。

なお今回は子供のことなので関係ないですが、妊娠中や授乳中には、成分のガジュツ(紫ウコン)が少しだけ強く作用するので控えた方がいいです。

それ以外でしたら男女ともに大人だけでなく子供や高齢者も安心して飲めるサプリメントです。
黒梅日和(くろうめびより)の口コミ!下痢対策サプリって本当?
とはいえ子供は効果を実感しやすいので、大人の量より少ない2〜3粒から飲ませて様子をみるといいと思います。
公式サイト↓
黒梅日和

u