子供は入浴で乾燥しやすくなるって本当?

子供は入浴で乾燥しやすいのか?

毎日お風呂に入って水分を肌で吸収しているから大丈夫じゃないの?

いやいや、そんなことはありません。

子供の肌はけっこうデリケートです。

少しの事で、乾燥肌になってしまいます。

—-子供の年齢によって皮膚バリア機能の効果が低下する—-

子供の肌は生まれて4週間から6年間のあいだで驚くほど皮膚のバリア機能が低下しています。

これによて、アトピーになったり乾燥肌になったりしてしまいます。

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

乾燥肌ではないですか?

さらに入浴のしかたによっても肌の免疫力を低下させる原因にも繋がります。

入浴では特に注意が必要みたいですよ?

—-子供の肌は敏感!入浴のしかたで乾燥肌になってしまう—-

入浴してしばらくしたら肌が乾燥している。

そんなお子さんではないですか?

それは入浴の方法がまちがっているのかもしれませんし、意外と乾燥肌を作る入浴をしている人は多いのです。

—-こんな入浴していませんか?—-

・ゴシゴシ洗っている。

ゴシゴシ洗うことで、皮膚の角質のバリアを削ってしまいます。

これによって角質層が露出して乾燥の原因になってしまいます。

泡をたっぷり付け、撫でるように洗うと角質バリアを傷付けずに洗えます。

・石鹸の使いすぎに注意。

石鹸の成分が残りやすいと肌に良くなく、またすすぎすぎも逆効果です。

汚れやすい部分だけで十分ですし、手で撫でるように洗った方が良いという人も中にはいます。

・42℃くらいの熱いお湯につかるのは乾燥肌の原因に。

体がほてって血行もよくなりますが、それが原因でかゆみが発生してしまいます。

また高温のお湯は肌の角質を守っているセラミドを崩してしまいますので、乾燥肌の要因になります。

・入浴剤も成分によっては逆効果になる。

塩素や着色料、硫黄など、肌に良くない成分が一つは入っている事が多いので注意が必要です。

—-体に良い、保温成分しか入っていない入浴剤が必要—-

あなたは「肌潤風呂」という入浴剤をご存じですか?

その成分は?

天然温泉成分の「別府みょうばん温泉の湯の花」でたくさんのミネラルを体に取り込み、体の汚れを除去してくれます。

「炭酸ガス」が含まれていますが化学合成を一切使わず、自然の力でガスを発生させます。

その炭酸ガスの効果で柔らかい肌に生まれ変わらせてくれます。

「砂糖成分の力」でミネラルと保温力、吸収と浸透力を実現!

「潤い保温ヴェール」で砂糖成分で吸収した潤いと保温を逃しません!

以上の主な成分から入浴後の肌の乾燥を防ぎます。

砂糖の特徴は水分を引き寄せる事なのですが、これに着目し、ヴェールで逃がさないという「潤い、保温に特化した入浴剤」になっています!
みんなの肌潤風呂は子供のアトピーでも使える?

お子さんの乾燥肌を「肌潤風呂」で改善しませんか?

おススメです!

公式サイト↓
みんなの肌潤風呂

us