子供の慢性下痢の悩み!解消のコツは?

赤ちゃんの便は、大人と違って固形ではないので、判断に迷ったときはおむつを持って病院で診察してもらいましょう。

また、細菌性の下痢やウイルス性の下痢は有害な物質を体外へ排出しようとする働きなので、無理に止めるのは間違いです。

それ以外の、慢性下痢といわれる症状の解消について述べてみます。

【慢性下痢の原因】

慢性下痢のほとんどは腸の吸収不良で、ウイルス性の下痢をした次に起こるものです。

また、いわゆる「おなかが弱い」反復性の軽傷の下痢は、主に子供の心の問題と言われています。

子供にストレスがかかっていないか、よく眠れているかなど、注意してみましょう。

【食事の工夫】

便を固くするのは動物性たんぱく質ですが、ひどい下痢の時は消化吸収が良いおかゆなどの炭水化物がおなかに溜まらないものが良いです。

また、食事に糖分や脂肪分が多いと便が柔らかくなることがあります。

下痢を抑えるために整腸剤を服用することがありますが、整腸剤には乳酸菌が含まれているため、かえって便を柔らかくすることになっていることもあるので心当たりがあればお医者さんに相談しましょう。

●下痢の時におススメの食品

穀類…トースト、うどん

いも類…じゃがいも、サトイモ

豆類…豆腐、きな粉、高野豆腐

野菜…きゃべつ、かぼちゃ、にんじん、かぶ、大根

果実類…りんご、白桃、バナナ

魚介類…脂肪の少ない鯛、かれい、たら

卵料理…半熟卵、スクランブルエッグ、卵とじ

肉類…脂肪の少ない豚・牛ヒレ肉、鶏ささみ

菓子類…ボーロ、クッキー、ゼリー、プリン、ウエハース

●下痢の時に避ける食品

穀類…通常のご飯、中華麺

いも類…さつまいも

豆類…大豆、あずき、油揚げ、がんもどき

野菜類…ごぼう、たけのこ、れんこん、きのこ類

果実類…スイカ、いちご、パイナップル、なし、柑橘類、ドライフルーツ

魚介類…脂肪の多い、いわし、さんま、さば、貝類

卵料理…生卵、固ゆで卵

肉類…脂肪の多いバラ肉、ベーコン、ロース、ハム、ソーセージ

菓子類…チョコレート、ケーキ、せんべい、ナッツ

【効果的なリンゴ療法】

昔からリンゴは下痢の時の便を固めると言われ、リンゴ療法と呼ばれています。

リンゴの食物繊維が水分を吸着して便を塊にします。

すりおろせば子供も喜んで食べるおやつになります。

すりおろしたリンゴを与えると、おろしたリンゴを絞ったような便が出て、普段から便の柔らかい子に有効です。

【下痢の時の注意】

下痢の時最も注意するのは水分を失ったための脱水症です。

水分補給をしっかりしておなかを温めて、休ませてあげましょう。

◆いろいろ工夫しても、なかなか下痢体質が改善しないで下痢が続くときは、黒梅日和(くろうめびより)を飲ませてみてください。

ストレスが原因の過敏性腸症候群の方も、黒梅日和でお腹が回復したという口コミも多いです。
黒梅日和(くろうめびより)の口コミ!下痢対策サプリって本当?
下痢だけでなく腸内改善で下痢体質の根本的な対策にもなる!と評価が高く人気です。

妊娠中や授乳中には、成分のガジュツ(紫ウコン)が少しだけ強く作用するので控えた方がいいです。

しかし男女ともに大人だけでなく子供や高齢者は安心して飲めます。

子供や高齢者は効果を実感しやすいので、少なめの2〜3粒から試すと安心で効果的です。

公式サイト↓
黒梅日和

ug