子供のムダ毛の悩み!コントロールジェルmeで抑毛で安心は本当?

お子さんが毛深いと、いじめの対象になることがあり、親御さんも心配ですよね。

かといって、お肌をいためやすいカミソリを何度もあてて剃るのはかわいそうです。

カミソリを使用するときは、必ず保湿クリームを使用しましょう。

また、脱毛処理は肌を傷めそうで、痛い場合もあったり、お金もかかります。

そこで、子供さんには自然に毛が生成するのを抑える“抑毛”が最もおススメです。

子供がムダ毛を気にしだしたら⇒お肌にやさしいムダ毛対策ジェル♪

【イソフラボンで抑毛効果】

毛が濃く太くなるのは毛穴の最も基底部分の毛母細胞が活発化しているためです。

肌にイソフラボンを塗ると、この毛母細胞に直接働きかけ、毛の生成が遅くなったり、毛が細くなったり、生えてこなくなったりします。

イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするため、このような効果があります。

わき、うで、足などのいわゆるムダ毛が濃くなったり太くなったりするのは、男性ホルモンの影響が主に原因となっています。

女性ホルモンで男性ホルモンの働きを抑える方法です。

【手作り抑毛ローション】

脱毛などより体に優しい方法で、効果が出るまで1〜2か月かかることもありますが、手作りローションで安価に試せます。

2003年にテレビで紹介された豆乳とレモンなどを使った『高濱式手作り豆乳ローション』はご家庭でも簡単に作ることができます。

材料は、豆乳、レモン、消毒用アルコール(薬局で購入できます)だけです。

大豆を絞った時にできる豆乳に豊富に含まれる大豆イソフラボンを、レモンで肌に吸収されやすい形に変えたローションです。

吸収力を高めるために消毒用アルコールを使用しますが、日常的に塗布するとなると、敏感肌などお子さんの肌には少し心配です。

また冷蔵庫で保存して一週間で使い切らなくてはならないなど、少々めんどうですね。

【コントロールジェルmeで安心の抑毛】

フラワーエピソードで販売しているコントロールジェルmeは、大手ボディケアサロンが会員向けに販売しているお肌の敏感なお子さんでも安心して使用できる抑毛ケア製品です。

天然成分を主原料とし、配合されているアルコール成分も肌に優しいイソペンチルジオールで、敏感肌用化粧品に使用されるものです。

更に、豆乳のイソフラボンより強力に毛母細胞に働きかけるダイズ種子エキスのほか、大豆以外のイソフラボンとしてヒオウギのエキスも配合されています。
コントロールジェルme の口コミと抑毛効果
豆乳ローションが効かない、使いづらい、肌に合わない等の場合でも、試してみる価値があります。

脱毛クリームではないので、使用前に毛を剃るなどしてから、2か月くらいを目安に効果を確認して、継続して使用します。

公式サイト↓



uG