子供の低身長の悩み!食事や生活習慣で改善する?

食生活の欧米化で、日本人の身長や体格は昔とはずいぶん変わりましたが、身長には遺伝的な要素もあり、背の低さで悩む人もいます。

特に男性の方だと、からかいの対象にされたり、内心とてもコンプレックスに感じることも多いようです。

子供の食事では、どのようなことに注意すればよいのでしょう?

【身長を伸ばす食事の注意】

骨の生成にはカルシウム、マグネシウム、リン、ビタミンD、ビタミンKなどが関わっています。

バランスの良い食事を摂っていれば基本的には問題なく摂取できるもので、多めに摂取しても意味はありません。

身長を伸ばすというサプリメントもありますが、サプリメントに頼りすぎずにバランスよく食事もとるよう意識したいですね。

大切なのは不足させない工夫です。

マクロビオティックがブームになっていたことがありますが、動物性食品を摂らないため、たんぱく質やビタミン類が不足して成長に障害をきたすことがあります。

マクロビオティックを実践している方が、お子さんに肉を食べさせないで育てたところ、身長が伸びなかったと仰っていたのを聞いたことがあります。

骨の成長というと真っ先にカルシウムが思い浮かびますが、カルシウムは骨を強くする、たんぱく質は骨を伸ばす、と考えましょう。

肉には成長期に必要なたんぱく質が多く含まれているので、適度に摂るようにしましょう。

マクロビオティックで100歳まで寿命を延ばした方もいますし、その人その人の年齢や状況によって必要な栄養素は変わってきます。

【寝る子は育つ〜成長ホルモンの働き】

「寝る子は育つ」といわれますが本当で、睡眠中に分泌される成長ホルモンが骨の成長に大きく関わっています。

質の良い睡眠が成長ホルモンの分泌を促しますが、最近は睡眠に問題のある子供が増えていることが報告されています。

成長ホルモンの分泌にはバランスよい食事とともに、運動が大きく関わっています。

【身長を伸ばすと言われる運動】

身長を伸ばすと言われている運動もあります。

なわとび、バスケット、バレーボールなど、縦に動く、ジャンプするような運動が良いとされています。

現代はゲームなどの普及や紫外線の害などで外遊びが減り、運動不足になりやすい状況だといえましょう。

紫外線を避けるあまり、肌が紫外線に当たることで生成されるビタミンDの不足も報告されるようになっています。

季節などにもよりますが、一日に15分程度は日光に当たる必要があります。

【低身長の病気もあるので注意しましょう】

病気のために低身長となることもあるので、身長発育曲線を記録して、異常が見られたらなるべく早めに小児科を受診しましょう。

低身長の病気としては、成長ホルモンの分泌不全があります。

また、一時的に極端に身長が伸びる性早熟症という病気もあります。

この場合は早い段階で身長の伸びが止まってしまい、結果的に他の子たちよりも低身長になるというものです。

これも身長発育曲線を観察していれば分かるので、早めに小児科を受診しましょう。

一般的に、身長が高い方が仕事や結婚などでも有利に働く場合が多いことが分かっていて、低身長が一生の不利をもたらすことにもなりかねません。

子供の将来のために見守ってあげることが大切ですね。

◆食事も注意して運動もしてるけど、伸び方が今一歩と思うときは、身長サプリメントで人気のドクターセノビルを飲んでみてください。

ドクターセノビルは、アルギニンという成長期に欠かせないアミノ酸や、健やかな成長をサポートするα-GPや、ボーンペップ、ビタミン類などを含んでいて、小学生・中学生・高校生の成長期に効果的!と口コミ評価も高く人気だからです。
ドクターセノビル(Dr.Senobiru)の口コミ!身長が伸びる効果は、本当?
背がもっと高くなりたいと悩んだら、ドクターセノビル(Dr.Senobiru)を試してみてください。

公式サイト↓
Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

ug