子供の肌トラブルやアレルギーは腸内環境の影響があるのは本当?

腸は、『第二の脳』と言われていて、私たちの身体にとって、とても重要な役割をしています。

単に、食べ物を吸収し、排泄するだけではなく、免疫力や抵抗力、自律神経にも深く関係していて、脳からの指令がなくても働くことができる独立した『考える器官』が、腸なのです。

腸は、入ってくる成分を記憶することができ、何が身体にとって良くて、何が悪いのかを判断ができます。

しかし、腸内環境が悪いと、成分の良し悪しの判断や、働きが鈍くなってしまい、結果として、悪いものを溜め込んだり(便秘)、良いものを排出するようになってしまいます(下痢)。

便秘になると、体内に老廃物や毒素が溜まり、血液にのって、全身へと毒素が運ばれ、肌トラブルに繋がります。

また、下痢になると、栄養素を充分に吸収できなくなるだけでなく、傷つきやすい腸壁になります。

その傷から、アレルゲンが侵入し、アレルギーを発症させるのです。

その上、腸がうまく働かなくなると、ハッピーホルモンと言われる『セロトニン』の生産量が減少し、ストレスを感じやすくなります。

お腹の調子が悪くなると、身体の調子も悪くなり、身体の調子が悪くなると、お腹の調子も悪くなる、という現象が起こるのは、腸の健康と、身体の健康がイコールの関係性だからです。

反対に、腸内環境を整えて、腸の働きが良くなると、便秘や下痢が起こらなくなり、セロトニンの生産量も増えるので、ストレスに強くなります。

免疫力や、抵抗力もアップし、病気になりにくい健康的な身体になることが、研究により、わかっています。

これらをふまえると、腸内環境が肌トラブルやアレルギーに影響していると言えるのではないでしょうか。

ー腸内環境を整えるにはー

腸内環境によって、免疫力にも差が現れます。

腸内には、免疫細胞の6~7割が存在していて、善玉菌を増やすことで免疫力アップに繋がります。

子供のうちから、良い乳酸菌を摂って、健康的な腸にしてあげることが、とても大切なのです。

腸内環境を整えるには、乳酸菌を摂取すると良いのですが、ヨーグルトは身体を冷やすので、かえってお腹が痛くなる子もいるかもしれません。

そこで、毎日、手軽に摂取する方法として、乳酸菌サプリメントを活用しましょう。

そして、善玉菌を増やすには、プロバイオティクス(生きた乳酸菌)が良いです。

プロバイオティクスの乳酸菌を、3か月、摂取し続けた人は、免疫に関係しているNK細胞が活発に働いているという研究報告があります。

また、ビフィズス菌には、傷ついた腸壁を修復する働きがあります。

腸壁が健康な状態だと、アレルゲンが侵入しにくくなるので、アレルギー症状を軽減できます。

ーオススメは、善玉ガードー

善玉ガードという乳酸菌サプリメントは、子供の腸のトラブル改善に秀でた製品です。

ヨーグルト味のタブレットタイプのサプリメントなので、子供でも美味しく食べられるようになっています。

口コミでも人気ですね。
善玉ガードの口コミ効果!他の乳酸菌サプリと何が違うの?

善玉ガードには、

●プロバイオティクス(生きた乳酸菌)

●プレバイオティクス(生ビフィズス菌)

●バイオジェニクス(乳酸菌の働きによる良い発酵成分)

が、配合されています。

この成分が、腸内環境を整え、本来の身体のコンディションを引き上げてくれるのです。

もちろん、大人にも良いサプリメントですので、家族みんなの腸内環境を整えて、健やかな身体を作ることができます。

健康的な毎日の為に、是非、善玉ガードをお試しください。

公式サイト↓


us