こどもバナナ青汁とこどもフルーツ青汁の徹底比較と選定のコツ

「青汁」と聞くと、体に良いことはわかるけれど、苦いし、美味しくないというイメージが強くないでしょうか?

それに、青汁を子供にも摂らせたいけれど、美味しくないから飲んでくれないというお子さんも多いかもしれませんね。

しかし、子供から大人気の青汁があります!

それが「こどもバナナ青汁」と「こどもフルーツ青汁」です。

2つ人気があると聞くと、どちらも試してみたいし興味があると思いますので、この2つの商品を比較してみたいと思います。

まず、こどもバナナ青汁についてです。

こどもバナナ青汁には、大麦若葉・バナナ果汁末・黒糖・スピルリナ・りんご・グレープフルーツ・パイナップル・マスカット・ピーチ・ケール・ブロッコリー・かぼちゃ・ちんげん菜・パセリ・人参・セロリ・ゴーヤ・ほうれん草・桑の葉・モロヘイヤ・よもぎ・トマトが配合されています。

6種類の果物と13種類の野菜ですね。

スピルリナという聞き慣れないものがありますが、これはミラクルフードとも言われている驚異の栄養素を誇る食材で、他社の青汁商品より栄養価が高い特徴があると言えます。

こどもバナナ青汁は、バナナテイストで、お子さんが喜んで飲む味になっています。
こどもバナナ青汁の口コミ評価!人気なのはなぜ?

続いて、こどもフルーツ青汁についてです。

大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)が、配合されています。

3種類の果物と14種類の野菜ですね。

他には、カルシウムが配合されており、成長期のお子さんに特にオススメしたいポイントです。
こどもフルーツ青汁の口コミ評価と効果

どちらの商品も、人工甘味料は使用しておらず、甘味は黒糖を使用しているので、まろやかで優しい甘味が引き立ち、嫌な後味もしませんし、何より体に優しく作られていますね。

このように、2つの商品は、どちらも多くの果物と野菜が配合されているので、どちらを選んでも間違いはないと思います。

ですから、実際に飲んでみて、より効果が高いと思われた方を選んでも良いですし、飲みやすさ重視で選んでも良いと思いますし、気に入った方を選んで継続すると良いと思いますよ。

でも、どちらが良いか迷われる場合、まずは返金制度がある「こどもバナナ青汁」から始めてみても良いかもしれませんね。

こどもバナナ青汁公式サイト↓
こどもバナナ青汁

こどもフルーツ青汁公式サイト↓


uG