みんなの肌潤糖を、子供のアトピーに使うときのコツを教えて!

—-子供のアトピー、こんな悩みありませんか?—-

・病院に行っても解決しなかった。

・ガサガサ、ごわごわ肌だ。

・かゆみで夜中起きてしまって寝られない。

・子供が夜中起きるから自分の寝る時間が減ってしまっている。

・乾燥の冬は大変。

・どんなケア化粧品も効果が薄かった。

あなたのお子さんはこんな悩みありませんか?

あなたも疲れているのではないでしょうか?

もし、これを解決できるケア化粧品があるとすればどうでしょう?

ぜひ試してみたいとおもいますよね!

それが「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」です!

無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

—-みんなの肌潤糖は成分にこだわっているから子供でも安心!—-

みんなの肌潤糖は砂糖を原料としている保温ケア化粧品なので、お子さんのお肌に安心です。

さらに原料は植物由来、パッチテスト済み、放射能も試験ずみと、いつでもどこでも安心、安全に使えるようになっています。

顔や腕、足、全身のガサガサ肌やごわごわ、ムズムズ肌に有効です。

普段の入浴や洗顔時に取り入れるだけの簡単な習慣で上記のお肌の悩みが改善されますよ!

—-アトピーになる原因—-

特に子供は生後から6歳の間が一番肌の外敵刺激から守る「肌バリア」の機能が停滞する時期で、その間に肌が乾燥、アトピー性皮膚炎になることが多いのです。

肌を守るバリア機能がありますが、乾燥すると角質に隙間が生じてしまいます。

その隙間があるために刺激となるアレルゲンや紫外線が肌の内側に侵入しやすくなってしまいます。

その結果、肌のトラブル、アトピーを生んでしまうのです。

つまり、肌へ十分な潤いがあれば、「潤い保持」が出来ていれば、アトピーやほかのお肌の悩みも改善できるという事です。

そこで、「砂糖の浸透力」「給水、保温力」を兼ね揃えた「みんなの肌潤糖」がおススメなんですね!

—-子供のアトピーへみんなの肌潤糖—-

アトピー改善のコツは「保温」と「保湿」です。

アトピーのアプローチに使える「みんなの肌潤糖」の使い方のコツをご紹介。

まず、お風呂上がりでもかまいませんが、気になる箇所を洗って濡れている状態にします。

しっかりと汚れをおとし、肌を濡らした状態にしましょう。

スプーン一杯分の水とみんなの肌潤糖をペースト状にします。

それを濡らした肌の上でくるくると優しく馴染ませるように塗ります。

強くこすりつけるのではなく、あくまで優しくです。

それを、体温と水分でつぶつぶ感が無くなるまで溶かしていきます。

1〜2分じっくり、角質まで浸透するまで潤いを置きましょう。

1〜2分浸透させたら、ぬるま湯で洗い流します。

洗い流すコツとして流し過ぎに注意です。

せっかくの潤いが落とされてしまいます。

最後に清潔なタオルでこすらずに優しく水分を拭き取りましょう。
みんなの肌潤糖でアトピーのかゆみ改善と保湿のリアル体験
以上を「みんなの肌潤糖」でのケアを習慣付ければ、お肌の悩み、改善できるはずですよ!

公式サイト↓
保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

uG