思春期ニキビとは?凸凹クレーターのにきび跡にならないコツ

多く方が通る道の一つ思春期の時期は、肌のトラブルに悩まされやすい時期で、特に思春期ニキビに多くの方が悩まされます。

思春期の間は大人と違う原因でニキビができやすく、この年代だからこそ多くできてしまうのです。

また、この時期にできるニキビは気になってどうしてもいじってしまいがちで、結果的にニキビ跡の原因になってしまいます。

今回は、思春期にできるニキビの原因と、そのニキビ跡ができないようにする正しいケア方法についてご紹介していきます。

—思春期ニキビとは—

思春期ニキビとは、大人のニキビと違い主に皮脂の過剰分泌によってできます。

通常大人ニキビは毛穴に汚れが詰まったり、皮脂が角栓となって詰まってそこができます。

一方の、思春期ニキビは思春期特有で、思春期は特にほかの時期に比べ皮脂の分泌量が多くこの過剰な皮脂の分泌によって毛穴内部でアクネ菌が増殖。

増殖したアクネ菌が炎症、つまりニキビの原因になります。

また、思春期は知識が少ないこともけん引してにきびをつい、いじってしまいその結果ニキビ跡一般に言うクレーターができてしまいます。

この時期にニキビ跡ができてしまうと、後々ニキビ跡が残ってしまう可能性が高いため、できる前に予防するとが大鉄則です。

—思春期ニキビの正しいケア—

最近巷で有名になっている水洗顔、つまり水だけで洗顔を行う方法ですが思春期の方にはあまり向きません。

特に、1日を通してせっけんを使わずに洗顔を行うのは逆効果で、皮脂が過剰に分泌している思春期の肌はしっかりと皮脂を落としてあげないといけないのです。

皮脂を残してしまうと、アクネ菌の増殖につながったり毛穴のつまりの原因になってしまいます。

最低1日に2回、汗をかく夏場などは昼間にも一度水で良いので簡単に洗顔を行いましょう。

また、思春期のニキビにあまり薬を使うのはお勧めできません。

アクネ菌を殺菌したりするものはもちろんのこと、様々な効果をうたって販売されているこれらの商品はほとんどの場合、思春期の肌にダメージを与えてしまいます。
思春期にはある程度のニキビができるのは仕方がないと割り切って付き合うのが良いでしょう。

—まとめ—

思春期の時期に正しいケアを行わなければ、大人になってからの肌のトラブルの原因になります。

思春期のうちは、洗顔をしっかり行い皮脂を落とすことが一番重要なのです。

思春期の時期はどうしてもニキビができやすいので、少しくらいは仕方がないと思って触れないようにするのが一番なのです。

◆いろいろ工夫しても、なかなか思春期ニキビが改善しないし繰り返すと悩むときは、洗顔後に「みんなの肌潤糖クリア」を使ってみてください。

使い方にコツがあって、水を加えて自分の好みのペーストにして優しくマッサージして、2分くらいそのままにした後、洗い流すと効果的です。
みんなの肌潤糖クリアで子供のニキビも解消する?
顔以外の場所に使うときは、入浴時に同じようにして使うと簡単です。

顔でも首でも背中でもお尻でも胸でも全身のニキビ改善に使えます。

肌のバリア機能を修復しつつ保水してニキビができにくい肌に導いてくれます。

自然素材100%なので子供から敏感肌の大人まで、思春期ニキビでも大人ニキビでも改善につながるのが「みんなの肌潤糖クリア」です。

公式サイト↓
肌潤糖(はだじゅんとう)【クリア】

u