スイーツ青汁は子供が飲んでも大丈夫?

最近は食生活の欧米化に伴って、子供の隠れ栄養失調が問題となっています。

隠れ栄養失調とは食事は摂取しているのにも関わらず、食事に含まれている栄養分が糖分や脂肪分に偏っていて必要なビタミンやミネラルが摂取できていないときに起こる体調不良を指します。

特に子供は自分では食事をつくることがほぼ不可能であるので、保護者がいない時にはインスタント食品やレトルト食品を食べさせているという方も多いかと思います。

そういったレトルト食品やインスタント食品には必要なミネラルやビタミンが不足しがちなので何かで補えないかとお悩みのお父さんお母さんも多いことでしょう。

そんな子供の食生活にお悩みのお父さんお母さんにおすすめしたいのが、スイーツ青汁です。

このスイーツ青汁はビタミンBやビタミンCといった必要な栄養分はそのままに、味付けをアセロラやアサイーといった親しみやすい味付けに変えた青汁です。

今までどんな青汁もおいしくないという理由で飲まなかったお子さんでもこれなら飲むことだと思いますが、このスイーツ青汁はお子さんが飲んでも大丈夫か気になりますよね。

そこで今回はスイーツ青汁は子供が飲んでも大丈夫なのかについて調べてみました。

〈スイーツ青汁は子供が飲んでも大丈夫?〉

調べたところ、スイーツ青汁は食品からできているので副作用の心配がなく、お子さまでも安心して飲むことができます。

「スイーツ青汁 全成分」
麦芽糖、大麦若葉粉末、クロレラ原末、クマイザサ粉末、明日葉粉末、野草発酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)、穀物発酵エキス、乳酸菌末、海藻粉末、有胞子性乳酸菌、アサイー、アボカド、マキベリー果汁パウダー(マキベリー果汁、デキストリン、粉末もみがら)、クコの実粉末、アセロラ末、ザクロ果汁パウダー、アムラ抽出物、ドランゴンフルーツ果汁末、ローズヒップエキス、カムカム果汁パウダー、ギムネマシルベスタ抽出物、サラシアエキス末、ガルシニアエキス末、コレウス抽出物、フルーツ野菜エキス(ぶどう、トマト、ニンジン、ビルベリー、茶葉、グレープフルーツ、小麦胚芽、パパイヤ、パイナップル、いちご、りんご、アプリコット、さくらんぼ、オレンジ、ブラックカラント、ブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、にんにく、オリーブ、きゅうり、アスパラガス)、植物プラセンタ、パイナップル果実抽出物(セラミド含有)、コラーゲンペプチド、調製豆乳粉末、大豆抽出物(イソフラボン含有)、乾燥ローヤルゼリー粉末、トマトパウダー(リコピン含有)、クエン酸、香料、ビタミンC、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、緑茶抽出物、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB12、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ヒアルロン酸、安定剤(ローカストビーンガム)、β-カロテン、[原材料の一部にやまいも、りんご、小麦、乳、ゼラチン、大豆、オレンジを含む]

ただしアレルギーを持っているお子さまをお持ちのお父さんお母さんは一度上記の全成分の原材料を確認してから購入するようにしてください。

ちなみにスイーツ青汁は食品からできているので、好きなタイミングで飲むことができます。

間食代わりに飲ませることができるだけでなく、食事と一緒に飲ませることもできます。

そして公式サイトには、1日に1包から2包程度を目安に、自分の好きな量を飲むことができます。

お子さまが飲みたいといったタイミング、量で飲ませたり、食事ごとに飲ませるとちょうどよいのかもしれません。

このスイーツ青汁のカロリーは1回分でおよそ10キロカロリーなので必要以上のカロリーを取らせる心配もありません。
スイーツ青汁の口コミ効果!他の青汁とココが違った!
〈まとめ〉

いかがでしたか?

スイーツ青汁はすべて食品からできているので、お子さまでも副作用の心配がなくお飲みいただけます。

回数やタイミングに決まりがないので、お子様が飲みたいといったタイミングや、食事ごとに飲ませると効果的です。

お子さまをお持ちのお父さんお母さん、この記事を参考にしてぜひ健康的な生活を送ってみてはいかがでしょうか?

公式サイト↓
6437

us