小学生で背をぐんぐん伸ばすコツは?

人間は少なくとも、だいたいは中学生辺りまでは成長期で、背が伸びる時期とされています。

背を伸ばすには小学生の頃から、背を伸ばすために意識をして生活することで、身長を伸ばしやすい環境に更に長く携われるため、成長に大きな効果が得られます。

そこで、背を伸ばすには小学生の時から、どういったことに気をつけていればいいのかをまとめてみました!

【食事】

遊ぶことはもちろん、勉強や習い事など、寝ているとき以外は全力で活動しています。

その分、食事もしっかり食べているのですが、偏食も多い年頃です。

それによって栄養が偏ってしまっては、背を伸ばすことに働きかけているとはいえません。

成長するために大切な栄養素は、カルシウム・たんぱく質・ナトリウム・ビタミンD・亜鉛の5つの栄養素が必要です。

大切なのは、これらの5つの栄養素を同時に摂取すること。

そうすることで5つの栄養素が刺激し合って、背を伸ばすための骨の成長に大きく働きかけてくれるのです。

個人的には、白ご飯はもちろん、鶏肉(その他のお肉類でも可)、納豆(ひじき)、わかめの味噌汁、しらす、ヨーグルト(食後のデザート感覚で)がオススメです!

【睡眠】

ゲームなどに夢中になり、高学年になってくると夜更かしをしてしまう時期だと思いますが、これも背を伸ばすためには逆効果です。

なんと成長ホルモンは、主に寝ているときに分泌されます。

特に22時から深夜2時までは「ゴールデンタイム」といわれ、この時間内に深い眠りにつくと、とても質のいい成長ホルモンが分泌され、成長の促進に繋がります。

また寝る2時間以内の食事は避けて、寝るときには電気を消して暗い状態にする方が、成長ホルモンがスムーズに分泌されます。

さらに睡眠をしっかり長く取ることで、子供たちが大人の体へと変化する「思春期」を遅らせます。

これを遅らせることで、背を伸ばしやす成長期を長引かせることができるのです。

ちなみに小学校低学年は10時間、中学年~高学年は9時間半程度の睡眠を取ると、熟睡する時間帯も大きく増えやすいので、成長ホルモンの分泌が促進されるのです。

これは今の小学生には、なかなか難しい生活習慣だと感じています。

今の小学生の睡眠時間の平均は8時間程度だと言われています。

ですがこの条件をクリアすると、大きく変化するのではないかと考えています。

【運動】

寝ているとき以外にも、運動しているときにも成長ホルモンが分泌されています。

運動している最中からその後、3時間くらいは分泌されているのだそうです。

ただ栄養をしっかり摂って、規則正しい睡眠をとるだけよりも、十分な運動を取り入れるほうが更に効果的といえるのです。
ドクターセノビル(Dr.Senobiru)の口コミ!身長が伸びる効果は、本当?
これらの条件がそろうと、小学生の間でしっかりと背を伸ばすことができる環境が整ってきますよ!
公式サイト↓
Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

u