ウルウは子供の赤ら顔ケアにも使える?

大人の肌トラブルの一つとして、多くの方が悩む症状のひとつが、

「赤ら顔」。

ほっぺが赤く、子供のころから言われていた方も多いと思われます。

赤ら顔の原因として、毛細血管の拡張、ニキビなどの肌トラブル、血行不良などがあります。

大人になったら自然に治るだろう!と思っていたら、大人になってもずっと同じトラブルをかかえたまま…。

ニキビなどの肌トラブルや血行不良などは、見た目やかゆみ、痛みを伴ってしまうものなので、

コンプレックスになってしまいやすいといえます。

反対に毛細血管の拡張からくる赤ら顔は、痛みやかゆみを伴ったりしないものです。

なので「見た目」の症状がほぼ100%です。

ですがこの見た目のせいで、冷やかされたりして嫌な思いをすることもしばしば…。

こういった肌トラブルは、肌質の問題でもあります。

では、こういった赤ら顔のトラブルを改善するためには、どういった方法があるのでしょう?

炎症を起こしている症状であれば、肌の状態をよくすることが第一。

血行不良の場合は、温冷療法で改善できることが予想されます。

肌の保湿、という点も症状改善に見逃せない点でもあります。

敏感肌や乾燥肌といった、肌がインナードライの状態になっており、

皮膚のバリア機能もうまく機能していません。

とくにお子様の場合、肌を守るバリア機能が発達しておらず、症状が慢性化してしまうため、

適切なケアが必要です。

ですが、お子様がこれらを自発的に行うのはなかなか難しく、

治し方もままならず大人になってしまうこともしばしば…。

だからこそ、親御さんがお子様が小さいころから対策を立てることが重要です。

日本ドライスキン研究所「ULU(ウルウ)」で、肌トラブルとは無縁の生活を送りましょう!

この「ULU(ウルウ)」は赤ちゃんやお子様にも使える完全無添加製品。

浸透力が高いため、肌に負担となる界面活性剤などを使用していない点がポイントです。

また、この「ULU(ウルウ)」は一つで乳液、美容液、化粧水など、洗顔後のケアが

これ一本でOK!

敏感肌の方にもOKだから、幅広い年代の方にご使用いただけます。

赤ら顔の原因とされる乾燥から肌を守り、しっかり保湿。

肌のバリア成分「セラミド」をしっかり補うことで、赤ら顔の症状を改善!
ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?
大人より肌のバリア機能が発達していないお子様でも、洗顔後のケアでしっかり保湿してくれるので、

使い続けるだけで赤ら顔への効果が期待できます。

公式サイト↓

uGs