善玉ガードはドラッグストア(薬局)でも購入できる?

インターネットで調べていて、「良さそう」「飲んでみたい」と思った乳酸菌サプリメントを購入しようと、ドラッグストアに行ったけど、見つけられなかった・・・

そんな経験はありませんか?

整腸剤のコーナーを見ても、サプリメントのコーナーを見ても、お目当ての乳酸菌サプリメントが置いていないのは、なぜなのでしょうか。

その理由に迫ってみたいと思います。

ー乳酸菌サプリメントの分類は何?ー

乳酸菌サプリメントを飲むと、毎朝おなかがすっきりしやすいです。

腸内フローラを整えることで、身体の調子がよくなります。

乳酸菌が持つ整腸作用によって、腸内フローラが良くない状態から、良い状態に変わっていくのですから、薬と同じように思うかもしれません。

しかし、乳酸菌サプリメントは、乳酸菌が入ったタブレットや、カプセルという『食品』の分類になります。

乳酸菌サプリメントに限らず、サプリメントは薬ではなく、栄養の補助をしてくれる健康食品なのです。

薬ではないので、ドラッグストア(薬局)で薬の棚に、一緒に並べるわけにはいきません。

乳酸菌サプリメントがドラッグストア(薬局)に置いていないことが多いのは、こういった背景があるのです。

まれに、メーカーが色々な種類のサプリメントを出している中に、乳酸菌サプリメントがあり、ドラッグストアにも置いてある場合もあります。

例えば、DHCのサプリメントコーナーを探せば『乳酸菌ECー12』や『届くビフィズス』が置いてあるかもしれません。

しかし、自分が求めている乳酸菌かどうか、わからないまま、漠然と飲むことになりかねます。

インターネットで見つけた「これが良さそう!」と思ったものではないサプリメントを買うのは、何だかもったいない気持ちになりませんか?

「これでも良いか」という気持ちで飲むのと、「これが良い!」という気持ちで飲むのでは、変化の感じ方に差が出てくるのではないかと思います。

ーサプリメントの安全性ー

ドラッグストアの薬の棚に並ぶには、サプリメントではなく『整腸剤』にする必要があります。

しかし薬として販売するには、様々な段階を踏んで、成分ひとつひとつの安全性を確認する為の臨床試験に合格しなければいけません。

そうすると、製品として市場に出るまでに、5年~10年かかると言われています。

また、副作用の心配や、使用上の注意事項も出てきます。

その点、サプリメントは、食品ですから副作用の心配はありません。

安全性に関しては、サプリメントにも、きちんと安全基準が設けられていて、製品になった時点で衛生検査に合格しないと市場には出せません。

さらに、サプリメントには様々なルールがあります。

その為、パッケージの記載内容に偽りがないか、消費者に誤解を与えるような語句はないか、有害な成分が入っていないかなどを審査する機関があります。

そして、消費者庁に認められた製品が、サプリメントとして販売されるのです。

ー通信販売で購入するメリットー

結論を申し上げると、『善玉ガード』はドラッグストアでは購入できません

『善玉ガード』専用の公式サイトから、注文して、購入することができます。

私は、通信販売で購入するメリットは、成分の詳しい説明や、口コミを見られること、そして何より、探す手間が省けることではないかと思っています。

定期購入のコースに申し込めば、買い忘れる心配もありません。

『善玉ガード』は、子どもの整腸作用に特化している乳酸菌サプリメントです。

大人を対象にしている乳酸菌サプリメントはたくさんありますが、子ども向けの乳酸菌サプリメントは、市場でも珍しいと思います。

小さな子どもこそ敏感で、些細なことでも身体に変調を来してしまいますので、早めに内側からケアしてあげることが大切です。

もちろん、大人の腸にも良いので、家族みんなの腸内フローラを整えることができます。

そんな、高品質のサプリメント「善玉ガード」が、毎月きちんと手元に届くなんて、通販ならではのありがたみですね。
善玉ガードの口コミ効果!他の乳酸菌サプリと何が違うの?

善玉ガードが、他の一般の乳酸菌サプリと何が違うのかは、公式サイトをじっくりごらんください

公式サイト↓


H